カテゴリ

ホーム ::  おもちゃ ::  知育玩具・学習玩具 ::  その他 ::  ギベオンいん石 重量約1059g 正規品,新作登場

ギベオンいん石 重量約1059g 正規品,新作登場

カッティング加工済
大型サイズ いん石 展示用などにどうぞギベオン鉄いん石 説明書付 約1059g(アフリカ ナミビア砂漠に落下)左右約12.3cm
断面図の写真を参考ください。黒いくぼみが数か所ほどありますが、これはいん石の不純物となります。そのためお値段を下げて販売しています。
 隕石は宇宙から地球に飛び込んできた星のカケラです。
 その中でも、ギべオン隕石は大変美しくそして珍しい隕石です。
 この商品は、いん石を切断したものです。
 切断することにより、いん石特有の模様が見え、本物のいん石にしか表れない組織を見ることができます。
 人のいないナミビア砂漠の荒涼とした奥地から運ばれてきました。ナミビア砂漠は、隕石の散らばる最大産地のひとつとして知られています。(275km にわたる)
 そのほとんどの隕石は、エッジングやカッティングをほどこすことにより
「ウイッドマンステッテン模様」と呼ばれる結晶構造を見ることができます。
 また、ニッケルの含有量が多く、他の含有物が少なく、模様が均質であることが大変優れた素材にしています。このことにより地域の原住民は何世紀にもわたり、この宇宙の素材で投げ槍などの武器をつくってきました。
≪ウイッドマンステッテン模様について≫
鉄隕石は、今から46 億年前惑星のもととなった小天体(微惑星ともいう)の核(コア)を作っていた物質です。
鉄隕石はNi(ニッケル)の含有量により3種に大別され、Ni の含有量4~6%がヘキサヘドライト、6~13%がオクタヘドライト、13%以上がアタクサイドと呼ばれる。この中でNi6~13%含有のオクタヘドライトにだけ鉄隕石特有の見事な結晶パターンが出現する。(ギべオン隕石はオクタヘドライトです。)
これがウイッドマンステッテン構造と言われるもので、Ni-Fe金属相(金属鉄の結晶)が規則的に配列したものである。これはかつて、小天体の中心部を作っていた溶融状で均質なNi-Fe物質が100 万年に約1°C の割合で徐々に冷却していく過程で、金属鉄を規則的に結晶したものである。故に地球上でこの模様を再現することは到底不可能である。
ウイッドマンステッテン構造は今から46 億年前、惑星が誕生する劇的なドラマの中で形づくられた゛時″の化石でもある。